CBT・PBT・IBTオンライン試験について 爽美録音株式会社 https://www.sobi-rokuon.co.jp/

オンライン試験の種類方法です。

1.IBT(Internet Based Testing=インターネットでの試験。在宅受験も含まれパソコンでブラウザでの試験)

2.CBT(Computer Based Testing=テストセンターでのPCを用いた受験、紙ベースがパソコンになった試験会場でのオンライン試験)

3.PBT(Paper Based Testing=マークシートなど紙ベースのテストによる受験)

カンニング対策

・試験内容での制限時間設定、AIを活用した本人確認など、カンニング防止機能を実施。

・PCのカメラを使って受験者を監視、インカメラで顔を確認し、申し込み時の顔と比較。

・デスクトップを監視して受験ページ以外のサイトを開いていないかチェックしたり、部屋全体の監視等と、不正行為防止を徹底しています。

・ブラウザのタブ移動や問題文のコピー禁止事項(弊社でも同様の仕様でオンライン試験アプリを作成しました。)

オンライン試験でカンニング対策をし自宅にてパソコン、リモートパソコン、紙ベース、紙ベースでのオンライン上で試験管との面談での採点等いろいろな対策でオンライン試験が実施されているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました